ムカイのよもやま話

インスタントじゃなくてソリュブル?

コーヒーが大好きな私。
本当は飲む度に豆を挽いて、フィルターでじっくりと抽出したい
ところですが、仕事中はそうもいかず、ほとんどインスタント
コーヒーのお世話になっています。
先日もコーヒーが切れたのでスーパーに買いにいったところ、
インスタンではなくソリュブルコーヒーという名前で売られて
いるのに気づきました。
ソリュブルという言葉は英語で「溶ける」という意味なので、
インスタントには違いないのですが、なにやら製法が違う
らしいのです。

何でも粉砕したコーヒーの粉を混ぜて作られているらしく、
よりレギュラーコーヒーに近い風味を出しているとのこと。
そのせいかお値段も普通のインスタントよりお高いのですが、
新製品に弱い私はさっそく試してみたくなり、即決で
お買い上げとなりました。
自宅で封を開けてみると、驚き!

なんと本当にコーヒーそのものの香りがします。
コップに粉を淹れ、熱湯を少々入れて練った後でお湯を注ぎ…
この時点でもかなり香りが高く、今までのインスタントとは
違うな、と感じさせます。
期待を込めて一口含むと、確かに美味い!
さすがに豆を挽いたコーヒーとまではいきませんが、今まで
飲んでいたインスタントとは別格の風味です。
次からもこのコーヒーを選びたいと思うのですが…ちょっと
ぜいたくな金額なので、味を覚えたことを少し後悔しました(笑)


最近の私の一番の楽しみ

最近の毎日の楽しみは、夜の友人とのメールの時間です。
その友人は女性で、まだ恋人にはなっていないという関係の方です。

 

彼女と知り合ったのは約一年半前のことで、最初はお互いが敬語を使っているような関係でした。
といいますのも、私と彼女は約10歳ほど年齢が離れているため、どうしても「お兄さんと妹」というような図式だったからです。

 

そんなわけでメールアドレスを交換しても、なかなか気軽なメールをし合うことができなく、
非常に薄い友人関係を今年の春まで続けてきていました。

 

私たちの関係が変わったのは今年の春のことです。
原因は、彼女が悩み相談を私にしてきたことでした。

 

当時、彼女が交際していた男性とのちょっとしたトラブルで「男性の気持ち」というアドバイスを聞きたいというメールがきました。

 

私は、彼女にいわゆる男心というものを話しました。
彼女も「なるほど」と言って納得していたようです。

 

その時から、彼女とは気軽にメールをし合う関係になったのです。

 

結局、彼女はそれからしばらくたって交際中の彼氏とは別れてしまいました。
その時も私が相談に乗り、落ちこんでいる彼女をメールで励ましたりしました。

 

そんなことがあり、今では毎晩のメールが私たちの欠かせない日課になっております。

 

私と彼女が付き合うかどうかは、まだ本人たちにもわかりません。
しかし、二人でメールをしている時間がお互いにとって今一番楽しい時間です。


更新履歴


このページの先頭へ戻る